家造りをしていく時には、多額の費用が必要です。そこで、少しでも支払いが楽になるように家造りの費用削減方法についてこれからお話します。また、安心して暮らす事が出来る家にするための方法についても紹介します。

家造りのための費用を削減する

安くて質が高い設備を導入

建築士に相談する

長期間安心して暮らせる家造り

家造りをする時には、長期間安心して暮らせるように工夫する事も重要と言えます。安心して暮らせる家にする事によってリラックスしながら生活する事が出来ます。これから、安心して暮らすためにはどうすれば良いのかをお話します。

将来の事を考えてバリアフリーにする

耐震強度を高める工事をする

避難用の地下室を造る

相互扶助が見込める二世帯住宅

二世帯住宅とは一つの建物に親の世帯と子の世帯の二世帯の家族が住む住宅のことです。共用スペースの確保などでいくつかのパターンがありますが親の世帯と子の世帯の相互扶助が見込めます。

市街地から離れた所にマイホームを建設

居住誘導区域に定められた郊外

家造りをするときの土地選びとして、理想としては駅などに近い市街地等があるかもしれません。しかし駅に近ければその分土地の価格が高くなるため、必要な広さの住宅を建てようとすると建設費用が高くなってしまいます。駅から離れれば離れるほど土地の価格は下がる可能性があるので、市街地から離れたところで土地探しをしてみると良いかも知れません。このときに注目したい場所として居住誘導区域があります。自治体などが進める政策で、駅や公共施設の近くはもちろんですが郊外などが指定されるときがあります。指定されるとその間にバスが運行されたり道路が拡充されるなど住みやすさが増します。これから居住誘導区域に定められそうなところなら、安く土地が買え将来の住みやすさが約束されます。

昼と夜の様子を確認して選ぶ

家造りに必要な費用には土地代が含まれるときもあり、市街地などで買おうとすると建物よりも負担が大きくなるかもしれません。費用を抑えるには市街地から離れたところが良く、十分な広さが確保できて何とか通勤ができるところとして選ぶかもしれません。土地を探しに行くときは下見などをするでしょうが、通常は休日の昼間などに行ったりするでしょう。できれば色々な平日や朝晩の時間帯にも下見をしてその土地の様子をチェックしておきましょう。郊外だと夜にあまりに暗くなりすぎたり、バスの本数が夜に極端に減るところもあります。バスがないときにタクシーでしか帰れないところだと、せっかく安く買っても生活費がかかります。住んで初めて問題が分かるなどが無いようにしておきましょう。