建築士に相談する

機能は同じで安くなる構造

家造りに欠かせない人として建築士がいます。購入者は通常は建築の素人なので自分で設計はできず、希望を建築士に伝えてそれを形にしてもらいます。建築士によって建築スタイルなどが異なるので、自分の希望に合う設計をしてくれる建築士に依頼するようにしましょう。いざ設計をしてもらうとその家を建てるのにどれくらいの費用がかかるのかが分かってきます。できればもう少し費用を抑えたいがグレードダウンをしたくないならしっかり相談すると良いでしょう。建築費用は部材を多く使えば高くなりますし、構造が複雑になっても高くなります。機能を維持したまま部材を減らしたり構造を単純にする設計に変更してもらえば建築費用を減らせるかもしれません。

材料の種類を減らしてもらう

家造りのためにはそのための材料が必要で、柱のための木材などでもかなりの量になるでしょう。その他壁材や窓等いろいろな材料を用意して建てていきます。建築士に依頼をすると注文主の希望に沿うように設計をしてもらえますが、そのままだと無駄なところに費用がかかっているときもあります。少しでも建築費用を下げたいなら建築士に相談をしてどうすれば費用を下げられるか聞いてみましょう。グレードを維持しながらコストを下げるには材料の種類を減らす方法があります。窓の形が部屋ごとに異なればそれぞれ別の窓が必要ですが、同じにできるところを統一すれば種類を減らせます。種類を減らしてまとめると単価が下がる可能性があり、その分建築費用を減らせるでしょう。