耐震強度を高める工事をする

壁にどんな仕組みを取り入れるか

築年数が少し古い学校やオフィスビルにおいて、耐震性を強化するための筋交いが施されているのを見かけるでしょう。室外にエックスの文字のように柱が入れられていて、これによって耐震性を上げているようです。家造りをするときにも耐震性を考慮する必要があり、最低限の仕組みからより高度な仕組みまでを選べます。安くしたいなら最低限のものでいいでしょうし、地震が心配なら安心のためにより高度な仕組みを取り入れてもいいでしょう。最低限の仕組みとしては斜めに一本入れるタイプで、こちらは現在は必須になっています。それ以外にエックスの文字のように柱を交差させる仕組みだと価格も耐震性も上がります。木材以外に特殊な素材があり、さらに耐震性も価格もアップします。

基礎を布基礎にするかべた基礎にするか

もし家造りにおいて土の上に直接木材を建てて行ったらどうなるかです。その土地の全面が石のように固ければ問題ないでしょうが、ある部分が硬かったり軟らかかったりすると軟らかい方にめり込んでいくかもしれません。地震が来た時にも影響を受けやすいので、地盤改良などをしてより土を安定させておく必要があります。安定したからと言って直接木材を建てていくわけではなく、土の上にコンクリートによる基礎を施工してその上に木材を建てます。安価なのは布基礎で、柱を立てる周辺のみにコンクリートの基礎を作ります。耐震性を考慮するとベタ基礎が良く、こちらは柱と柱の間にもコンクリートで基礎を作ります。点で支えるより面で支えた方が倒れにくくなるでしょう。