安くて質が高い設備を導入

機能が変わらない型落ちの設備で設計

家電量販店に行くと同じような機能なのに価格差が大きい商品同士を見かけるでしょう。一方は新商品なので価格が高く、もう一方は旧商品の在庫なので価格を下げているためです。家造りにおいてはシステムキッチンやユニットバスなどの設備が必要ですが、建築士に何も言わずに任せていると最新の設備で設計や見積もりをしてくれるでしょう。質を下げたくないがコストを減らしたいなら、いい方法ないか建築士に相談してみると良いでしょう。メーカーに残っていれば機能がほとんど変わらない型落ちの設備が残っているかもしれず、新商品を入れるよりも安くしてもらえる可能性があります。ただし在庫品は色など細かい選択ができないときもあるので注意が必要です。

不要な機能を極力減らしてもらう

家造りにおいては柱や壁などの基本的な部分も必要ですが、実際に生活をするときに使う設備も重要になります。希望を伝えて建築士に任せたりもできますが、注文主がカタログを見てどのメーカーの設備がいいかを選んだりもできます。建築士は一般的な人が必要とする機能を付けた状態で設備の見積もりなどを出しますが、必ずしも注文主に必要のない機能やグレードを落とせる機能があるかもしれません。質は落とさずに建築費用を下げたいなら、不要な機能を減らせないか相談すると良いでしょう。単に費用を下げてほしいとだけ伝えると必要な機能を減らされたりグレードを下げられたりするので、必要な機能であったりグレードを維持してほしい部分を伝えてそれ以外で調整してもらうようにしましょう。