将来の事を考えてバリアフリーにする

トイレが使えなくなったら、もう家では暮らせない?

身体が不自由になったときの生活を考えたことがありますか?健康で体力があるときには、自分がそうなるかもとはピンとこないため、家造りでは考慮されにくいのがバリアフリーです。じつは家造りのバリアフリー化は、困ってからでも対応できることと、そうでないことに分かれます。たとえば、玄関のエントランスにスロープをつけたり、室内に手すりをつける工事は、必要になってからもできることです。

しかし、廊下の幅やドアの間口、段差の解消などは、どうでしょうか。これらは家の構造に関わってくるために、後から変更するのはがむずかしいことに分類されます。そのため、どうしてもその家で暮らしていきたいとなれば、大がかりなリフォームをするか、施設への入所を検討することになるのです。

わずか1センチの段差でも超えるのが大変な車イスでの生活

たとえば実際に身体が不自由になって車イスでの生活となり、要介護となった場合にはどのような暮らしになるのでしょうか。お風呂は、介護サービスで入浴介助を受けたり、デイサービスセンターなどへの通所の際に一緒に済ませることもできます。食事の用意ができない場合には、ヘルパーサービスや宅食なども利用することもできるでしょう。しかしトイレの問題となると、ちょっと様子が変わってきます。一般的に持ちいられるトイレの室内幅では狭すぎて車イスでは入れませんし、そもそも、通常持ちいられるドアでは通ることができないのです。また、人の排泄の問題に関わるトイレが使えなくなると、もうその家では暮らすことがむずかしくなってしまうのです。

家造りの際には、使える面積が減ってしまうように見えることもあり、対策されにくいバリアフリーの問題。具体的にイメージすることで将来の重要性を見据えて、取り入れていきたいところですね。

建物の間取りは通気性や採光性などを大きく左右します。同じ部屋数でも構造が異なると住み心地が大きく変わるのが特徴です。